手に職をつける

現在、日本の終身雇用制度は崩れていると言われています。今までは、就職すれば一生安泰だと言われていましたが、現在はボーナスカットや、リストラなど、就職をしても不安定な生活を余儀なくされることがあります。そこで、これから仕事をする上では、「手に職をつけておきたい」と、考える人が多いでしょう。なぜなら、手に職をつけていれば、リストラにあって職を失ってしまっても再就職しやすいからです。また、諸事情で1度現場を離れても復帰しやすくなります。手に職をつける方法は人によって様々ですが、やはり「資格を取得する」ということが手に職をつける方法として1番わかりやすいものではないでしょうか?

そんな日本で現在人気のある資格は「行政書士」です。行政書士の資格は国家資格となっています。国が定めている資格ですので、行政書士の資格を持っていると一生安定した生活を送ることが出来ると言っても過言ではありません。

行政書士になる為の勉強は、専門学校に入学をして行なうことが出来ますが、通信教育で学ぶことも可能なのです。通信教育であれば、仕事をしながらでも勉強をすることが出来ますので、勉強をする為になかなか時間が取れないという人でも大丈夫。行政書士の資格の合格率は、年間5パーセント程度で非常に狭き門と言われていますが、取得すれば、士業の1人として活躍することが出来るのです。

外部リンク

千葉で行政書士に任せよう【千葉の行政書士法人畠山事務所】

カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930